資料コーナー

職場におけるセクシュアルハラスメント防止のために講ずべき措置について

職場におけるセクシュアルハラスメントの内容
「職場」とは

事業主が雇用する労働者が業務を遂行する場所です。  労働者が通常就業している場所以外であっても、労働者が業務を遂行する場所であれば職場に含まれます。  また、勤務時以外の宴会であっても、実質的に職場の延長線上のものであれば、 職場に該当しますが、その判断に当たっては、職務との関連性、参加者、参加が強制的か任意か等を考慮して 個別に行う必要があります。

 取引先の事務所、接侍など取引先との打合せをするための飲食店、出張先、業務で使用する車中(営業、バスガイドなど)、顧客の自宅(保険外交員など)、取材先(記者)など

「性的な言動」とは

性的な内容の発言や行動を意味します。

(1)性的な内容の発言
  • 性的な冗談やからかい、食事やデートヘの執拗な誘い、意図的に性的な噂を流布する、 個人的な体験談を話す、性的な事実関係を尋ねるなど
(2)性的な行動
  • 性的な関係の強要、身体への不必要な接触、強制わいせつ行為、強姦
  • ヌードポスター、ヌード写 真の出るスクリーンセイバーの使用、わいせつ図画の配布、掲示など

 なお、女性労働者のみに「お茶くみ」や「電話番」等を行わせること自体は、性的な内容の言動には当たらないとしても、前述した「対等なパートナーとして見ない」意識の問題として、必要に応じ啓発や研修において取り上げていくことが適当でしょう。

(注意)事業主、上司、同僚に限らず、取引先、顧客、患者及び学校における生徒等も セクシュアルハラスメントの行為者になり得るものであり、また、女性労働者が女性労働者に対して行う場合や 男性労働者が男性労働者に対して行う場合についても含まれます。

「労働者」とは

 いわゆる正規労働者のみならず、パートタイム労働者、契約社員等いわゆる非正規労働者を含む 事業主が雇用する労働者のすべてをいいます。  また、派遣労働者については、派遣元事業主のみならず、労働者派遣の役務の提供を受けるもの(派遣先事業主)についても規定が適用され、自ら雇用する労働者と同様に、措置を講ずる必要があります。

「対価型セクシュアルハラスメント」

 職場において 労働者の意に反する性的な言動に対する労働者の対応(拒否、抵抗等)によって、その労働者が解雇、降格、減給 等(労働契約の更新拒否、昇進・昇格の対象からの除外、客観的に見て不利益な配置転換等) の不利益を受けることです。

  • 事務所内において事業主が労働者に対して性的な関係を要求したが、拒否されたため、その労働者を解雇すること。
  • 出張中の車中において上司が労働者の腰、胸等に触ったが、抵抗されたため、その労働者について不利益な配置転換をすること。
  • 営業所内において事業主が日頃から労働者に係る性的な事柄について公然と発言していたが、抗議されたため、その労働者を降格すること。
「環境型セクシュアルハラスメント」

 職場において 労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が就業する上で見過ごせない程度の支障が生じることです。

(身体接触型)
  • 給湯室において上司が労働者に対して抱きついてきたため、出勤するのがつらくなっていること。
  • 事務所内において事業主が労働者の腰、胸等に度々触ったため、その労働者が苦痛に感じて、その就業意欲が低下していること。
(発言型)
  • 同僚が取引先において労働者に係る性的な内容の情報を意図的かつ継続的に流したため、その労働者が苦痛に感じて仕事が手に付かないこと。
(視覚型)
  • 労働者が抗議しているにもかかわらず、事務所内にヌードポスターを掲示しているため、労働者が苦痛に感じて業務に専念できないこと。
注意!苦情の対象は幅広く!

セクシュアルハラスメントの形態は極めて多様であり、判断が微妙な場合や、セクシュアルハラスメントに至らなくとも、放っておけばセクシュアルハラスメントになるような事例もあります。これらの事例については、セクシュアルハラスメントを未然に防止する観点から、幅広く相談・苦情の対象とする等の対応が必要です。

(1)ケースによって厳密に男女雇用機会均等法上の定義に当たるか微妙な事例
  • 職場で顔をあわせる度に、「子供はまだか。」と繰り返し尋ねる。 (「職場」ではあるが、「性的な言動」の面で微妙な事例)
  • 部下の女性を勤務時間終了後飲酒に誘い、性的な要求をする。 (「性的な言動」ではあるが、「職場」の面で微妙な事例)
  • 任意参加の歓迎会の酒席において、上司を含めた男性労働者の隣に座ることやデュエットや、お酌の強要をする。(「性的な言動」と「職場」の双方で微妙な事例)
(2)放置すれば就業環境が害されるおそれがあるような事例
  • 時々女性労働者の肩に触ったりする管理職がいる。
  • 男性労働者が集まると、時々女性労働者のいる前で性的な会話をすることがある。
  • 休憩時間などにしばしばヌード雑誌をこれ見よがしに読んだりする男性労働者がいる。
CASE STUDY

取組事例紹介

ポジティブ・アクション応援サイト