>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2007/10/31 
更新日 2009/07/22 
(株)大西ライト工業所


代表者
 
所在地
群馬県伊勢崎市香林町2-1284
産業分類
製造業
事業内容
プラスチック成型加工、プラスチック金型設計製作
創業年
昭和36年6月
ホームページアドレス
http://www.onishilite.co.jp
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 42 4
女性 19 3
   男性正社員
   女性正社員
正社員に占める女性の割合(正社員について)
31.14%
平均勤続年数男女差(正社員について)
2.3年
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
0%
女性のトップの役職(正社員について)
係長

取組むきっかけ
「ポジティブ・アクションに取り組む」といった大袈裟なものではなく、前社長からの「男女は平等」、「適材適所の配置」という方針を実施してきたことが、自然に女性の積極的活用につながった。
「企業を良くしよう」、「業績を上げよう」、「労働環境を改善しよう」、「地域社会に貢献しよう」等の目的を果たすためにも、女性の積極的活用は、必要と考えた。
取組体制
社長自らが率先して、ポジティブ・アクションの推進に取り組んでいる。
取組目標
雇用機会均等の観点を考慮しつつ社会ニーズの変化に応じた職域拡大、継続就業等に取組む。
取組内容とその結果
  1.職域拡大の取組
今まで、直接お客様と接する営業職には女性の配置がなかったが、既に社内での十分な経験と知識を有するものと判断し、平成14年10月にはじめて女性1名を営業職に配置した。
なお、その際にはお客様に対して女性営業職が担当することについて事前に説明し、了承をもらった。
男女を問わず意欲、能力のある者には積極的に各種資格取得の推進、研修に参加させている。技能検定プラスチックは31名で、うち女性は4名。その他に「フォークリフト」「5t未満のクレーン」、「スタッカークレーン」等についても、女性の有資格者あり。
  2.継続就業の取組
女性の技術職が出産したことをきっかけに、育児休業制度を導入した(育児休業制度が義務化される以前)、現在、育児・介護休業制度利用はじめ育児・介護短時間勤務制度を導入し、利用促進のため周知啓発をしている。
  3.環境整備・風土改善の取組
以前は、お客様にお茶を出す業務は、原則女性の仕事として行っていたが、仕事が中断して能率が落ちる等の問題点がかねてから言われていた。
そこで、14年3月のレイアウト変更に伴い、給茶機を導入して、女性のお茶出しを廃止した。お客様と面談する人が社長であっても、社長自ら給茶機でお茶の接待をすることとした。 仕事の中断がなくなり、能率アップにつながったこと、茶碗洗いの時間がなくなったため、女性社員からの評判はいい。お客様からも、特に不満の声も聞こえない。
取組の効果
育児休業制度の利用促進を図ることにより、女性社員の平均勤続年数が伸長した。
これまでに技能検定資格者は31名、うち女性は4名。(フォークリフト、クレーン、スタッカークレーンも女性の有資格者あり)
今後の課題
現在の資格にとどまらず常に上位資格に挑戦していくよう男女社員の意識啓発、職場風土づくりに努める。
女性の人材育成推進のための取組(特に基幹業務に関して)を継続していく。