>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2017/09/14 
医療法人一仁会


代表者
理事長 岡田 純
所在地
〒606-8171
京都府京都市左京区一乗寺西水干町25-2
産業分類
医療、福祉
事業内容
病院、訪問看護
創業年
昭和40年7月
ホームページアドレス
http://www.ichijinkai.org
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 43 18
女性 64 25
   男性正社員
   女性正社員
平成29年5月1日現在
正社員に占める女性の割合(正社員について)
59.81%
平均勤続年数男女差(正社員について)
0年10ヶ月 (男性 6年 3ヶ月  女性 5年 5ヶ月 )
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
48%
女性のトップの役職(正社員について)
所長

取組むきっかけ
「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の施行に伴い、女性の活躍のために、職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場風土づくりが必要であると感じたため。
取組体制
法人をあげてトップダウンにより、職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場風土づくりを行うべく、行動計画を策定した。
取組目標
女性のみならず、男性による育児休業や看護休暇の取得を促進し、男女ともに職場と家庭の両方が実現する環境を目指す。また、両立支援制度利用を推進する情報提供を行う。
取組内容とその結果
  1.女性の活躍推進のための体制整備
両立支援制度利用を促進すべく、①男性向けの、産前・産後休業や育児休業・看護休暇等についてのパンフレットを作成・配布する。②育休対象となりそうな者の上司に対し、男性の育児休業や看護休暇取得推進について意識を醸成するための研修を行う。③すべての社員を対象としたマタハラ・セクハラ・および男性の育児休業取得に対するハラスメント防止のための研修を行う。
  2.環境整備・風土改善の取組
過去10名の男性育児休業取得対象者における、同制度利用率を30%以上とすることを目標に、パンフレットを作成し、男性の育児休業取得を促進する。
取組の効果
男性の育児休業取得者が増加した。
今後の課題
ワークライフバランスをより実現しやすい環境を目指し、男女ともに看護休暇や時間短縮等の制度利用を促し、利用者を増やす。