>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2009/12/15 
株式会社十万石ふくさや


代表者
 
所在地
埼玉県行田市長野2-27-28
産業分類
製造業
事業内容
和洋菓子製造販売
創業年
1952年(昭和27年)
ホームページアドレス
http://www.jumangoku.co.jp/
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 34 17
女性 74 172
   男性正社員
   女性正社員
平成21年6月15日現在
正社員に占める女性の割合(正社員について)
68.51%
平均勤続年数男女差(正社員について)
6年
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
25%
女性のトップの役職(正社員について)
取締役社長室長

取組むきっかけ
女性の占める割合が正社員では約7割、全体では8割以上に達しており、製造部門、販売部門とも女性が主要戦力である。トップが女性の能力発揮如何で会社業績の伸展に大きく影響を及ぼすとの認識を新たにしたことがきっかけ。
取組体制
トップの方針に基づき、人事部門を中心として女性の能力発揮の取組強化を進めて行く。女性が能動的、主体的に行動し易いような仕組み、環境の整備を行っていく。
取組目標
女性の積極的登用に取り組み、役職者増加を図っていく。
女性の勤続年数を伸ばすように社内制度の改革に取組んでいく。
取組内容とその結果
  1.募集・採用の取組
ホームページにて「両立支援の取組」を掲載、休職者向けの会社説明会でも女性が働きやすい職場作りを説明しているところ、求人の応募者が増加している。
  2.職域拡大の取組
従来、女性社員の業務は固定化していたが販売職から本部営業職や企画職への配置換えを行いOJTにより戦力化を図っている。
  3.登用の取組
意欲のある女性社員に対しては上層部が計画的に育成し、店長への登用を早めている。
  4.継続就業の取組
育児休業制度は法定を上回る最長2歳まで、7日間の子の看護休暇制度を整備したことで、第2回埼玉県あったか子育て企業賞を受賞した。
育児と介護の両立支援を推進し、それを側面から支えるように社内融資制度もスタートさせ、会社が本気で取組んでいることが段々と認知されてきた。
それにより育児休暇制度の活用者が増加。
  5.環境整備・風土改善の取組
すべての従業員が安心して「子育て」あるいは「介護」等、「仕事と家庭」がバランスをよく両立できるような雇用環境の整備を図る、とホームページにおいて社内外に宣言し、社員に対して職場風土改善意識を高めている。
担当者を外部セミナー(21世紀職業財団等)に参加させて、セクシュアルハラスメント防止対策の徹底を図っている。
取組の効果
女性が安心して働ける職場づくりを目指し、子育て支援、両立支援等を行っていることが浸透しつつあり、モラルの向上につながっている。
ここ数年は女性の退職者が減少し定着率も向上した。
育児休暇制度の活用者が増加。
第2回埼玉県あったか子育て企業賞を受賞。
今後の課題
女性社員の勤続年数のさらなる伸長を目指す。
能力開発体制の充実。