>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2010/01/25 
朝倉染布株式会社


代表者
 
所在地
群馬県桐生市浜松町1丁目13番24号
産業分類
製造業
事業内容
スポーツウエアー、インナーウエアー産業資材各種、合成繊維織物の染色加工
創業年
明治25年
ホームページアドレス
http://www.asakura-senpu.co.jp/
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 64 -
女性 36 -
   男性正社員
   女性正社員
平成21年7月現在
正社員に占める女性の割合(正社員について)
36%
平均勤続年数男女差(正社員について)
6.9 年
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
11%
女性のトップの役職(正社員について)
課長

取組むきっかけ
熟練技術の維持に優秀な人材確保の必要性から、働く環境を改善するという考え方が取組の契機である。
取組体制
企業トップの方針に基づき、人事担当部署が中心となり実施。
労使によるプロジェクトチームを発足し取組を推進。
取組目標
働きやすい職場環境を整備し、魅力ある会社作りを目指す。
取組内容とその結果
  1.募集・採用の取組
インターンシップで女子学生を積極的に受け入れている。

職場見学会で、現業で働く女性を紹介している。

HPにファミリーフレンドリー企業表彰群馬労働局長賞受賞、男性の育児参加促進実施事業主の指定を受けていること等掲載し、女性の働きやすさをアピールしている。
  2.職域拡大の取組
女性の手作業工程に重労働作業を削減できる機械を導入した。
労働が軽減され作業効率が上がった。
  3.登用の取組
新賃金・人事考課システムを導入。従業員の姿勢や成果に応じた配分を実施。
透明性、公平性、納得性を高め社員にやる気を持たせる人事考課基準の明確化。

女性のキャリア開発を目的に外部研修等に参加を奨励。
技術部門の調色、品質管理の各グループで新たに女性の係長相当職2名を登用した。
  4.継続就業の取組
育児休業については子供が3歳まで、又、短時間勤務、フレックスタイム制度等子供が小学校就学始期に達するまで利用できる。

年次有給休暇を時間単位で取得を可能にし、より育児参加できるように改訂。

配偶者の出産に伴い2日間の特別有給休暇を新設。

出産・育児休暇取得予定者が、より制度を活用しやすいように分かりやすいハンドブックを作成。
育児・介護休業規定を活用しやすいように改定を進めた結果、取得者が多くなっており、2度目の取得者も増え、長期の休暇取得者が出ている。
  5.環境整備・風土改善の取組
従業員の労働環境に関するアンケート調査やヒアリングを実施。

女性用トイレの洋式化など施設の改善を図る。

本人、上司、さらに役職者との三者面談を年3回実施して従業員の要望やニーズを把握。
取組の効果
ベテラン社員の育児・介護退職を防止するため、育児・介護休業規定の改定など両立支援の取組を進めたことで勤続年数が伸長した。現在育児休業取得後の復帰は100%である。培ってきたキャリアをすぐに活かせるようになった。

コミュニケーションアップにより社員の資質及び労働意欲向上につながった。
今後の課題
女性管理職の増加。
係長に続く直前クラスが数名おり、係長相当職が2名になるなど、登用が徐々に進んできている。現在、女性の課長職は1名。あとに続く女性を育成するなど課長職増加を目指す取組も推進していきたい。