>ホーム >サイトマップ
   




掲載日 2012/09/18 
更新日 2012/09/21 
三島信用金庫


法人番号
3080105002360
代表者
理事長 平井 敏雄
所在地
〒411-0857
静岡県三島市芝本町12-3
産業分類
金融・保険業
事業内容
協同組織金融業(信用金庫)
創業年
明治44年1月21日
ホームページアドレス
http://www.mishima-shinkin.co.jp
従業員数
    (単位:人)
  正社員 正社員以外
男性 477 9
女性 321 54
   男性正社員
   女性正社員
2012年4月1日現在
正社員に占める女性の割合(正社員について)
40.22%
平均勤続年数男女差(正社員について)
9年6ヶ月 (男性 18年 2ヶ月  女性 8年 8ヶ月 )
課長相当職に占める女性の割合(正社員について)
2.27%
女性のトップの役職(正社員について)
[役員]理事  [職員]理事

取組むきっかけ
1.女性の職域に偏りがあり、様々な職務を経験したいという女性の期待に応えるため
2.女性職員の割合が4割を超え、その勤続年数も延びるなかで、女性の幅広い活躍が当庫のさらなる発展につながるため
取組体制
1.女性をリーダーとするプロジェクトチームを立ち上げ、女性の活躍を促進するための取組みを検討し、それをもとに理事会で「ポジティブ・アクション計画」( 期間3ヶ年 )を策定
2.計画推進のための理事長直属のポジティブ・アクション推進室を設置して担当者を配置し、あわせて各部署と営業店の代表が話し合うポジティブ・アクション推進委員会を設置
取組目標
1.女性の職域拡大 ( 全ての職種に女性を配置 )
2.女性管理職の増加 ( 管理職の女性割合を現行の2倍以上にする )
3.ワーク・ライフ・バランスの実現
4.職場風土の改善・男女役割分担意識の解消
取組内容とその結果
  1.女性の活躍推進のための体制整備
・理事長直属のポジティブ・アクション推進室を設置して担当者を配置
・計画の進捗状況や課題等について話し合うポジティブ・アクション推進委員会を毎月開催
・理事会に四半期ごと実施状況を報告
・全営業店でポジティブ・アクション計画を策定し、取組み結果の優れたものを表彰する制度の創設
  2.職域拡大の取組
・未経験の職務に対する不安解消のための特別研修の実施
・新たな職務に配置する女性のための特別研修の実施
  ( 融資・営業基礎研修、融資トレーニー研修、バイク技能訓練、防災講習会等 )
・女性職員による商品開発・広報活動・企画業務への参画
・外部研修や会議への女性職員の参加の奨励
  3.登用の取組
・ロールモデルの育成
・副調査役( 役職名 )への配置による管理業務の経験
・昇進基準の弾力的運用
・相談制度の充実 ( キャリア相談窓口やメンター制度の導入 )
・女性管理職の研修・交流会の実施
・平成24年4月現在、支店長2名を含む女性役席者53名 ( 全役職の14.4% )
  4.継続就業の取組
・両立支援の取組みを強化するためにプロジェクトチームを設置
・両立支援に関する認識を高めるための管理職研修の実施
・育児・介護休業制度の充実 ( 10営業日の有給化等 )
・有給休暇の消化促進、残業時間の削減、ノー残業デーの拡大 ( 月3回 → 月5回 )
・育休後の職場復帰研修の充実
  5.環境整備・風土改善の取組
・理事長名によるポジティブ・アクション宣言の発出
・全管理職に対する意識啓発研修の実施
・営業店の取組みの好事例の公表
・男女雇用機会均等法やポジティブ・アクション計画等についての情報提供
・ポジティブニュースの発行
  ( 活躍する女性職員やポジティブ・アクションの具体的な事例等を職員向けの紹介 )
・女性の制服着用の自由化による職員の自主性の涵養
取組の効果
・女性職域拡大 ( 融資・営業53名 → 66名 )
・女性役席者の増加 ( 25名 → 53名 )
・有給休暇消化率の増加 ( 51.6% → 56.5% )
・時間外勤務年平均時間の短縮 ( 160.3時間 → 143.5時間 )
・くるみんマーク取得
今後の課題
・コース別雇用管理制度の廃止
・専門職制度のあり方
・育児休業取得者の急増に対応した人員の確保
・新たな新人育成プログラム( H23年度から実施 )の男女同一扱いの徹底