「EVOLUTION」は、企業のポジティブ・アクションへの取組や、
女性の新たな職域へのチャレンジなどに関する無料情報サイトです。

ポジティブ・アクション ニュース 関連情報をピックアップ

「メンター・アワード2012表彰式」表彰企業の事例紹介

女性の活躍を支援する組織風土の醸成や女性の活躍推進の加速に向けて、メンターによるサポートの意義や重要性を広く普及させていくことを目的に、ワーキングウーマン・パワーアップ会議・公益財団法人日本生産性本部主催による「エンパワーメント・フォーラム2012〜メンター・アワード2012表彰式〜」が2月24日に開催されました。

第一生命保険、髙島屋、名古屋大学が優秀賞に!

女性の仕事への意欲はますます高くなり、より高い目標に向かって、仕事への責任を果たし、成長したいと願う人が増えてきています。しかし、女性が管理職やリーダーとして第一線で活躍していくためには、その成長を熱心にサポートし、見守ってくれる良き相談相手としてのメンターの存在が重要であり、大きな意義をもっています。現在、トップランナーとして活躍している女性たちの多くは、そのキャリア形成の過程で、良きメンターに出会い、仕事上の悩みや課題を解決しながら、成長を続けてきています。
  ワーキングウーマン・パワーアップ会議では、メンターによるサポートの意義や重要性を広く普及させ、女性の活躍を応援する組織風土の醸成や活躍推進の加速を目的に、2009年より「メンター・アワード」を実施し、メンター制度の普及・定着を図るために独自性があり創意工夫された取組を行っている組織や、適切な助言を与えながらメンティの活躍や成長を支え後押しした個人を表彰しています。
  第4回となる今年は、応募の中からメンター制度表彰として、第一生命保険(株)、(株)髙島屋、国立大学法人名古屋大学の3組織が優秀賞に、メンター個人表彰では1名が入選となり、2月24日(金)「エンパワーメント・フォーラム2012」にて表彰式が行われました。

前列右から1人おいて細野靖幸氏(村田製作所)、髙島屋(増山氏)、
  公益財団法人日本生産性本部会長の牛尾治朗氏、第一生命保険(川島氏)、名古屋大学(束村氏)

Back Number

vol5

vol.5
データで見る働く女性の変化


vol5

vol.6
諸外国におけるポジティブ・アクション


vol5

vol.7
平成23年度女性の活躍推進協議会



EVOLUTIONとは:展開、発展、進化を意味します