ポジティブ・アクション ニュース 関連情報をピックアップ

平成25年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業決定
~厚生労働大臣優良賞受賞企業の取り組み事例紹介~
雇用均等・児童家庭局 雇用均等政策課 / 職業家庭両立課

「均等・両立推進企業表彰」は、女性の能力を発揮させるための積極的な取り組み(ポジティブ・アクション)や、仕事と育児・介護との両立を支援する取り組みを行って、他の模範となるような企業を表彰する制度で、厚生労働省では、平成11年度から毎年実施しています。
 平成25年度の「均等・両立推進企業表彰」の厚生労働大臣優良賞の受賞企業として、均等推進企業部門(※1) に株式会社横浜銀行を、ファミリー・フレンドリー企業部門(※2)に明治安田生命保険相互会社を選定しました。厚生労働大臣優良賞となった2社は、女性のキャリア開発と就業継続への積極的な取り組みや男性の育児休業取得促進など、それぞれの部門において特に優れた取り組みを行っていることが選定の理由です。このほか、都道府県労働局長賞(優良賞・奨励賞)の均等推進企業部門に22社、ファミリー・フレンドリー企業部門に25社を選出しました。
 それでは、平成25年度の厚生労働大臣優良賞を受賞した2社の取組をご紹介します。

※1 女性労働者の能力発揮を促進するために、他の模範ともいうべき取り組みを推進
※2 仕事と育児・介護との両立支援で他の模範ともいうべき取り組みを推進 。

均等推進企業部門 厚生労働大臣優良賞

女性の能力発揮を促進するために、他の模範ともいうべき取組を推進し、その成果が認められる企業を表彰しています。

株式会社横浜銀行

所在地:神奈川県横浜市
業種:銀行業
従業員数:約5,900人

女性行員バリューアッププログラムに基づき、女性のキャリア開発及び就業継続支援に関する取組を推進した結果、女性管理職が増加

 

1 ポジティブ・アクション取組体制

平成17年に女性行員バリューアッププログラムを策定 人財バリューアップ推進室が主体となり、女性行員のキャリア開発及び就業継続支援を目的として、ポジティブ・アクション及び次世代育成支援の取組を推進

女性行員バリューアッププログラムは社内イントラネット等により周知するとともに、自社ホームページ及び「ポジティブ・アクション応援サイト」にて公表

 

2 ポジティブ・アクション取組内容

ゼネラルコース採用者の女性割合を引き上げることを目標とし、自社ホームページにおいて、女性行員バリューアッププログラムのページ開設や女性行員のメッセージ掲載等により、女子学生にアピール

採用担当に女性を含め、より公正中立な採用選考を実施

行員の主体的なキャリア形成の機会を提供することを目的に、行内公募制度「ポストチャレンジ」および「トレーニー(本部トレーニー、外部派遣)」を実施

入行後の就業意識や価値観の変化に応じたキャリア形成を支援するため実施しているコース転換試験を年2回から年4回に拡充するとともに、合格者に対し、転換後のコースで必要となる実務知識等に関わる研修を実施。その結果、毎年、エキスパートコースからゼネラルコースへの転換について複数の女性の転換実績あり

平成18年にキャリア相談窓口を設置し、キャリア形成にかかる相談対応を実施

自己のキャリアについて考える機会を提供するため、女性塾(ロールモデルによる講演等を行う女性育成の場)の実施や異業種交流会への参加を奨励

 

3 ポジティブ・アクション取組成果

平成17年に管理職に占める女性の割合は、係長・課長・部長クラスいずれも増加
係長クラス:平成22年度29.3%→平成24年度33.4%
課長クラス:平成22年度6.3%→平成24年度9.2%
部長クラス:平成22年度1.7%→平成24年度2.5%
(うち育児休業を取得した女性管理職割合は11名:14.9%)

渉外、渉外管理における女性の割合は増加

 

4 その他

中期経営計画において、平成27年度までに女性管理役職者比率(課長級以上)10%以上を目標に取組

Back Number

vol5

vol.5
データで見る働く女性の変化


vol5

vol.6
諸外国におけるポジティブ・アクション


vol5

vol.7
平成23年度女性の活躍推進協議会


vol8

vol.8
「メンター・アワード2012表彰式」表彰企業の事例紹介


vol9

vol.9
女性の活躍促進・企業活性化推進営業大作戦


vol10

vol.10
『ポジティブ・アクション「見える化」』シンポジウム 開催報告



EVOLUTIONとは:展開、発展、進化を意味します