グッドプラクティス企業 ポジティブアクションに取り組む企業にお聞きしました

第21回コマツ

活躍女性に聞く :思い切ってチャレンジした新たな仕事 専門性を高めて、より一層成長したい
工藤法子

開発本部
業務部 規制・標準グループ
工藤 法子氏

Profile
Profile
2010年4月
コマツに中途入社
開発本部業務部規制・標準グループにて、
社内技術標準の英訳業務に従事
2014年12月
キャリアプラン研修に参加
2015年4月
同グループ内で業務分担変更
規制規格動向月報の発行、環境及び製品安全規制についてロシア、インド、インドネシアなどの地域を担当


目の前の仕事に真剣に取り組むことで、
仕事のおもしろさが見えてくる

—ご入社から今までのご経歴について教えてください。

工藤氏  私は、2010年4月にコマツに中途入社し、開発本部業務部規制・標準グループで、社内技術標準の英訳業務を担当しました。2015年4月に同グループ内で業務分担変更があり、規制規格動向月報の発刊や、海外の環境及び製品安全規制についてロシアやインド、インドネシアなどの地域を担当することになりました。当社の製品を世界各地域の規制に適合させるために、その規制が要求する内容詳細を調査します。その後、各工場の設計部門や海外現地法人をはじめ関連部門との協議を経て、より具体的な対応策を立案し、規制対応依頼書と呼ぶ書簡(指示書)を発信します。私が作成した書簡によって、設計変更等の指示が行われるので、間違いは許されない仕事です。各工場や海外現地法人とのコミュニケーションを大事にして業務を進めています。

―キャリアプラン研修を受講された感想を教えてください。また、印象に残った研修内容があれば教えてください。

工藤氏  私は2014年度の第1回目のキャリアプラン研修を受講しました。研修で印象深かったことが二つあります。
 一つは、自分史のグループワークでのことです。私は、当社に入社する前は、コマツのドイツ現地法人で働いていたのですが、自分にとっては小さな経験だと思っていました。しかし、他の参加者から「良い経験をしていますね」と言ってもらったことで、初めてその部分の強みに気付き、自信を持つことができました。
 もう一つは、当時の上司からの手紙です。私が今後ステップアップするためにはどんなところを改善すればよいのかなど、改善点や期待することを明確に書いてくださっていました。自分が客観的にどのように見られているのか、自分では気づかないことを知ることができ、また、上司や会社からの期待を感じることでより一層仕事を頑張ろうという気持ちになりました。

—キャリアプラン研修を受講してから、ご自身の中で、考え方や仕事の進め方で変化がありましたか。

工藤氏  女性社員への期待を感じ、より積極的に仕事に取り組むべきだと考えるようになりました。また、もっと仕事の幅を広げてみようと思いました。
 英訳業務に従事していた時、業務量が急激に増加したことがあったのですが、業務を円滑に進めるために、外注の量を増やせないか、他の部門にお願いできないかなど上司に積極的に改善策を提案するようになりました。すぐには解決しない事案でしたが、声を上げたことで、他の課の方々が予算の融通を申し出てくださったり、助けてくださいました。
 また、業務分担変更があった時も、「チャレンジしてみよう」と前向きに思うことができました。同じ部内での業務分担変更でしたが、それまでの仕事とは異なり、製品に関する技術的な知識が必要です。それまでも英語等を使った業務は担当していましたが、文系出身ですし、「私にできるだろうか」と不安でいっぱいでした。しかし、思い切ってチャレンジしてみると、助けてくださる方々が当社にはたくさんいました。今年度は、一人でロシアに海外出張するなど、仕事の幅がどんどん広がっています。

—入社してからを振り返って、思うことを教えてください。

工藤氏  私は、同じ業務をしている先輩や同僚が少なかったこともあり、将来どんな仕事がしたいか、どうなっていきたいかというイメージがあまり湧きませんでした。失敗を恐れて、新しい仕事には二の足を踏んでいたのですが、今となっては「もっとチャレンジできたはず」と思っています。
 今後は、現在の担当業務の専門性を高めて、アメリカやヨーロッパなど担当する地域を広げ、さらにグローバルな活躍を目指したいと思っています。そして、私が新しい業務に不安を抱えていた時に、背中を押してくれた当時の女性上司のように、後輩の背中を押せる存在になりたいと思っています。

—今後社会人になる女子学生や若手の女性社員にぜひアドバイスをお願いします。

工藤氏  まずは目の前の仕事に前向きに取り組むと良いと思います。苦手だなと思う仕事も、真剣に取り組んでいるとその仕事の良さやおもしろさが見えてきますし、苦手意識のあった仕事をやり遂げた時の達成感はひとしおです。  
 もう一つは、常にチャレンジし続け、積極的に様々な経験を積むことです。「できるかな」と不安に思うことでも、二の足を踏まず、引き受けてみてください。一生懸命前向きに取り組んでいれば、必ず助けてくれる人がいると思います。私も、今の業務に変更になった時は不安だらけでしたが、技術系の知識を持った先輩方に日々助けていただきながら、やりがいを持って仕事をしています。
 また、経験こそが人を成長させてくれると身をもって実感しています。様々な経験を積むことによって、自分に自信が持てるようになり、困難に直面した時も余裕をもって対処できるようになるからです。逆境は自分を成長させるチャンスです。まずは挑戦してみてください!

—本日は貴重なお話をお聞かせいただき、誠にありがとうございました。

ご意見ご感想は読者の声へ

Back Number

大和証券株式会社

第1回
大和証券
株式会社


シナノケンシ株式会社

第2回
シナノケンシ
株式会社


東京電力株式会社

第3回
東京電力
株式会社


第一生命保険株式会社

第4回
第一生命保険
株式会社


鹿島建設株式会社

第5回
鹿島建設
株式会社


東京海上日動火災保険株式会社

第6回
東京海上日動火災
保険株式会社


株式会社髙島屋

第7回
株式会社髙島屋


シャープ株式会社

第8回
シャープ株式会社


株式会社フレスタ

第9回
株式会社フレスタ


リコーITソリューションズ株式会社

第10回
リコーITソリューションズ株式会社


キリンホールディングス株式会社

第11回
キリンホールディングス株式会社


東京フード株式会社

第12回
東京フード株式会社


アステラス製薬株式会社

第13回
アステラス製薬株式会社


太洋工業株式会社

第14回
太洋工業株式会社


大成建設株式会社

第15回
大成建設株式会社


大成建設株式会社

第16回
星野建設株式会社


シーデーピージャパン株式会社

第17回
シーデーピージャパン株式会社


シーデーピージャパン株式会社

第18回
三笠運輸株式会社


株式会社博進堂

第19回
株式会社博進堂


ダイキン工業株式会社

第20回
ダイキン工業株式会社



EVOLUTIONとは:展開、発展、進化を意味します