厚生労働省関連情報 最新ニュースをお知らせします

無期転換ルールの概要及び「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」のご紹介

  無期転換ルールとは、労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。
  有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(使用者は断ることができません)。
  法律上は、契約期間が通算5年間を超えた労働者が「申込み」をした場合に、無期労働契約が成立します(無期労働契約の開始時点は、申込時の有期労働契約が終了する日の翌日からです)。そのため、無期労働契約への転換にあたっては、労働者ご自身が「申込み」を行うことが必要です。また、通算契約期間は平成25(2013)年4月1日以降に開始した有期労働契約から算定します。そのため、労働契約法の無期転換ルールに基づく無期転換の申込みは、平成30(2018)年4月から本格的に発生する見込みです。

出典:厚生労働省「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」

  無期転換ルールを避けることを目的として、無期転換申込権が発生する前に雇止めをすることは、労働契約法の趣旨に照らして望ましいものではありません。また、有期契約の満了前に使用者が更新年限や更新回数の上限などを一方的に設けたとしても、雇止めをすることは許されない場合もありますので、慎重な対応が必要です。
  厚生労働省では、無期転換ルールに関して「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」で情報提供を行っています。ポータルサイトには、無期転換ルールの概要、無期転換制度の導入に当たってのポイント解説と厚生労働省が行っている支援策、無期転換制度や多様な正社員制度を導入している企業の事例紹介のほか、無期転換ルールについて多く寄せられている質問をQ&A形式でご紹介しています。ぜひご活用ください。

ご意見ご感想は読者の声へ

Back Number

vol5

vol.5
平成22年版「働く女性の実情」の概要


vol6

vol.6
「平成22年度雇用均等基本調査」結果概要


vol7

vol.7
平成23年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業の取り組み


vol8

vol.8
「ポジティブ・アクション実践的導入マニュアル」を作成しました


vol9

vol.9
平成24年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業の取組


vol9

vol.10
ポジティブ・アクションに関する厚生労働省の最近の取組


vol11

vol.11
「平成24年度雇用均等基本調査」


vol12

vol.12
男女雇用機会均等法施行規則を改正する省令等を公布しました
~ 間接差別となり得る措置の範囲の見直し等を行い、平成26年7月1日に施行 ~


vol13

vol.13
平成25年度女性の活躍推進協議会開催 2014年1月21日(火)


vol14

vol.14
平成25年度 都道府県労働局雇用均等室での法施行状況の公表


vol15

vol.15
平成26年度
「均等・両立推進企業表彰」


vol16

vol.16
パートタイム労働法・
次世代育成支援対策推進法の改正


vol17

vol.17
平成26年度コース別雇用管理制度の実施・指導状況<速報版>公表


vol18

vol.18
平成27年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業の取組


vol19

vol.19
仕事と家庭の両立支援対策の充実について(建議の提出)


vol19

vol.20
女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画策定届出・認定の状況


vol21

vol.21
改正育児・介護休業法及び改正男女雇用機会均等法のポイント



EVOLUTIONとは:展開、発展、進化を意味します