WEBマガジン EVOLUTION vol.1 MESSAGE

第1回 働く女性へのメッセージ

ここでは、様々な立場でご活躍されている女性の方々からのメッセージをご紹介します。
今回は、丸尾興商株式会社 取締役経理部長の豊田 浩子氏とドラッグヤマザワ北町店 店長の加藤 裕子氏に、これまでのご経験や、管理職である立場として心がけていらっしゃることなどをお話しいただきました。働く女性の皆様にとっても参考となるヒントがあるかもしれません。

従業員のモチベーションアップも店長の役割です

加藤 裕子氏

株式会社ヤマザワ薬品

ドラッグヤマザワ北町店 店長

加藤 裕子
株式会社ヤマザワ薬品
ドラッグヤマザワ北町店 店長

PROFILE

1987年入社後、上山店担当。下条店などを担当した後、白山店にて店舗チーフとなる。北町店店舗チーフを経て、2004年4月より北町店店長。1993年と1998年に産休取得。

店舗チーフになって責任者としての意識が芽生えた

 ドラッグヤマザワは、山形・宮城両県に69店舗を展開しています。そのため、販売は異動を伴う総合職となるのですが、私は販売を希望していましたので、迷わず総合職を選びました。幸い私は県内だけの異動でした。今は半数くらいが女性店長ですが、入社した当初は女性店長が少なく、最初は化粧品に携わっていきたいという気持ちだけで、店長になるとは考えていませんでした。
 その後、会社からの辞令があり、白山店で店舗チーフに昇進しました。薬の知識もまだ不十分で、自分より年上の従業員とのコミュニケーションなど、きちんと務まるか不安でした。ですが、ある程度店を任されるようになったことで、責任者としての意識が芽生えてきました。
 その間に二度の出産があり、産休を取得して復帰しました。平日は保育園に預けて、遅い時間や休日は同居している母親にみてもらいました。また、子どもが急病のときは従業員の方に出勤をお願いするなど、まわりの協力があったおかげでなんとか続けることができたと思っています。

店長として従業員の育成も担当

 2004年からは、山形市にある北町店の店長を務めています。系列のスーパーヤマザワに併設されている店舗で、営業時間は10:00〜21:00(日曜9:00~21:00)です。業務の面では店舗チーフとほぼ同じですが、従業員への指導や教育の部分も担うようになりました。アルバイトを含めて11名と従業員が多く、売上面でも比較的大きい店舗なので、責任もそれだけ大きいと実感しています。
 たいへんなこともありますが、お客様から喜ばれることはもちろん、自分が教育した従業員が他店舗に巣立っていって活躍したり、その後店長になった姿を見るとうれしいですね。
 目標を達成したときや本部から表彰されたときは、みんなで喜びを分かち合います。自分一人でがんばっても売上を達成できるわけではありません。北町店全員で一つの目的に向かって進めていくために、いかに従業員の気持ちをもっていけるかということも考えなければならないところは難しいですが、店長の役割でもあると思っています。


株式会社ヤマザワ薬品
Company Profile
スーパーマーケットを経営する株式会社ヤマザワの100%子会社として、山形県および宮城県にて調剤薬局およびドラッグストア事業を展開。調剤薬局24店舗、ドラッグストア45店舗を運営する。

企業データ

●創業
1952(昭和27)年8月
●資本金
4000万円
●代表者
代表取締役会長兼社長 山澤 進氏
●本社所在地
山形県山形市
●事業所数
69店舗
●事業内容
ドラッグストア及び調剤薬局
●従業員数
483人(男性125人、女性358人)、
うち正社員135人
●平均年齢
34.8歳
●平均勤続年数
男性9年8カ月、女性7年3カ月
●課長相当職に
占める女性の割合

34.3%
●URL
http://www.yamazawa-drg.co.jp/
※2010年5月1日現在
CASE STUDY

取組事例紹介

ポジティブ・アクション応援サイト